スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音程をしっかり取ってカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

音程をしっかり取ってカラオケが上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

今回は、音程をしっかり取ってカラオケが上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

音痴の種類

音痴には、「耳が悪い音痴」と、「発声が悪い音痴」の2種類あると言われています。

「耳が悪い音痴」は、耳が悪い為、音程が取れない場合です。

この音痴の場合は、自分が音痴という事が分かりません。

自分では至って普通のつもりなんですが、他人に良く音痴と言われ場合は、このタイプになります。

「発声が悪い音痴」は、耳で音程は聞き取れるんですが、上手く発声出来ない場合です。

自分が音痴だと分かっている方は、このタイプになります。

音痴だから、カラオケはイヤな方も、音程をしっかり取れてカラオケが上手くなる方法はあります。

「耳が悪い音痴」の方のトレーニング方法

「耳が悪い音痴」の方はまず耳を音に慣らす

音程がしっかりと聞き取れる方は、小さい頃から音楽を聞いている方が多いようです。

小さい頃から音楽を聞いて耳が音に慣れ、しっかりと音程を聞き取れる様になるようです。

大人になってからでも大丈夫!音楽を聞きまくって、耳を音に慣らしていきまましょう。

「耳が悪い音痴」の方は、音楽を沢山聞くことで、耳が音に慣れてきます。

「耳が悪い音痴」の方のための音程をとるトレーニング

沢山の音楽を聞いて、音を聞く事に慣れてきたら、音程をとるトレーニングで音痴克服を目指してみて下さい。

音程をとるトレーニングは、ピアノの音と一緒に、ドレミの音程を言って方法です。

ピアノではなく、スマホのアプリでもOKです。

まず、「ド」の音を鳴らした時、その音程で「ド」と言いいます。

正しい音程と一緒に、正しい音程を発声する事を繰り返していく事で、正しい音程が身についてきます。

最初は、「ドレミファソラシド」を順番に、完璧に発声出来る様にします。

慣れてきたら、「ド」の次は離れた音「ミ」の音を言える様にしていきます。

離れた音でも発声出来るようになれば、「耳が悪い音痴」は、かなり改善されています。

「発声が悪い音痴」の方のトレーニング方法

「発声が悪い音痴」の方は、まず自分の歌を聞く

発声が悪い音痴の人は、スマホなどで自分の歌を録音して聞いてみてください。

自分の歌を聞いて、どれ位音を外しているのかを確認します。

録音した自分の歌を聞く事は、とても恥ずかしい事なのですが、自分の歌を確認して、どれ位音程が外れているのか認識することが大事です。

「発音が悪い音痴」の方のための音程をとるトレーニング

発声が悪い音痴の人は、このトレーニング方法で、音程を鍛えて音痴克服を目指してみて下さい。

「ドレミファソラシド」を裏声で、「ドレミファソラシド」の音程で、発声します。

これを繰り返しすことで、音程が鍛えられていきます。

このトレーニングで、完璧に「ドレミファソラシド」が発声出来る様になったら、好きな歌を裏声で歌ってみて下さい。

好きな歌を裏声で発声する事で、より音程が鍛えられます。

注意点として、大きな声でこのトレーニングをする様にして下さい。

大きな声でトレーニングする事で、声帯が開きやすくなりますので、高い声も出しやすくなります。

小さい声でトレーニングしても、効果はあまり期待できません。

大きな声でトレーニングする様にしてください。

声域を上げる

音程が取れる様になってくると、いろんな好きな歌を歌いたくなってきますが、声域が広くないと歌える曲が限られてきます。

声域が広くなれば、高い声も出しやすくなりますし、曲のレパートリーが増えます。

高い声が出せると、自然と歌唱力も上達し、カラオケ上手になっていきます。

高音が出ないから、カラオケはイヤな方も、高音が出せるようになって、カラオケが上手くなる方法はあります。

高音がだせるようになってカラオケで歌が上手くなる方法

本格的に音痴を直してカラオケで歌が上手くなる方法

スポンサーリンク

まとめ

必ず直ると信じて、しっかりトレーニングを重ねていけば、音痴は直ります。

音痴だからと諦めずトレーニングを実践して、音程をしっかりと取れる様にして、音痴を克服しましょう!

音痴が克服できれば、人前で歌うことに抵抗がなくなる程度になります。

カラオケに行く事が苦痛でなくなり、楽しい時間を過ごせるようになります。