スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

呼吸方法を身につけてもっとカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

呼吸方法を身につけてもっとカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

ボイストレーニングといえば、まずは腹式呼吸からと考える方も多いと思いますが、腹式呼吸自体はそれほど難しくありません。

呼吸はとても繊細で、呼吸に僅かな緊張があると、思うように声をコントロール出来なくなります。

理想的なフォームを完全に身に付けるまでキチンと練習する事が一番良いのですが、次に良いのは、呼吸方法など無視して全く気にしない事です。

形だけの練習で、声をコントロールできなくなるよりは、呼吸法など考えないで自然に任せた方が、良い発声になります。

歌を歌う時に必要な呼吸方法は、全身で自然に呼吸をする事が大切です。

今回は、呼吸方法を身につけてもっとカラオケで歌が上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

腹式呼吸だけでは

腹式呼吸をすると喉が疲れる

腹式呼吸では、お腹の筋肉を使いますが、腹筋はもともと強力です。

お腹を意識して息を吸うと、意識を向けられたお腹の筋肉は活発になります。

腹式呼吸だと大声は出せるけど、喉が疲れるという方は、自然な筋力バランスに干渉し過ぎていると考えられます。

呼吸もコントロールし過ぎて、自然なバランスから離れすぎない方が良いようです。

腹式呼吸だけ使った時のデメリット

吸った空気は、肺と気管と声帯の空間内で圧縮され、エネルギーを得た空気は、出口の声帯を内側から押し、声帯の隙間を空気が通り抜ける時、声帯が振動して声が生まれます。

吸った空気の圧縮をお腹の筋肉だけで行うと、空気の圧力は声帯が受け取れる許容量を超えます。

声帯の許容量を超えると、声帯は閉じていられなくなるので声がブレるか裏返るかします。

逆に、圧力に対抗して強固に閉じようと固まる事もあります。

腹式呼吸だけを使うと、腹部をふくらませることで肩や胸がかえって緊張したり、お腹で声を支えるので、緊張で声質が硬くなります。

また、肩の上昇を気にするろ、上半身が固まって歌や台詞に躍動感が出なくなります。

自然にまかせる呼吸方法

そば鳴り

どんな方でも、取りあえずお腹に力を入れれば、大きな声や高い声が出ますが、それだけでは自由自在にメロディーを歌えません。

高音は大声でしか歌えませし、高いメロディーは必ず大声になってしまいます。

この状態は、近くで聞くとうるさいのに離れると届かない状態で、「そば鳴り」と言われています。

ベストバランスな呼吸方法

呼吸方法以外のきちんとしたボイストレーニングは必要ですが、自然な呼吸にホンの少しだけ干渉させるだけで、素晴らしい声は出るようになります。

自然にまかせる呼吸方法は、腹式呼吸の中に胸式呼吸の要素を加える方法です。

理想は、自然呼吸にホンのわずかな調整を加えた、全身レベルの呼吸で、全身の筋肉が発声に向けて柔らかく協調しますので、本来のパワーと表現力が目覚めます。

腹式呼吸の中に胸式呼吸の要素を加えると、吐くパワーと声帯を閉じる筋力が釣り合った時、それ以上の力で吐かれる事がありません。

肺が、垂直(腹式呼吸)と水平(胸式呼吸)にバランス良く広がり、パワーが生まれます。

声帯を閉じる筋力よりも、息を解き放つ筋力の方に余力があるのが通常ですので、声帯の筋力が発達すればそのまま、釣り合うパワーの最大値も上がって行きます。

腹式も胸式も含んで呼吸筋全体をバランス良く使えば沢山吸えます。

そして呼吸法は吸える量よりも扱い易さが大事です。扱い易い呼吸を選べば、自然と呼吸量も充実します。

呼吸の中にバランス良く胸式を含めば、胸式の柔らかな躍動感が生まれ、腹式呼吸を含めば、腹式の安定したパワーが生まれます。

スポンサーリンク

まとめ

呼吸は、どんなに吸えても、楽に吐けなくては良い声は出せません。

自然にまかせる呼吸方法を身につけて、ボイストレーニングを進めていけば、声のボリュームも質感もコントロールが楽になります。

快適で効率良く歌は上達していきますで、歌う事が本当に楽しくなります!

楽な呼吸方法を身につけて、カラオケでもっと楽しい時間を過ごせるようになって、人生を楽しみましょう。