スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

声量を出せるようなってカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

声量を出せるようなってカラオケが上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

歌が上手くなるためには、声量があるかどうかは非常に大事で、声量がないと、歌は上手く聞こえません。

声量が出せると、自然と歌唱力も上がってきます。

素人とプロの歌手の一番明確な違いは、声量の違いです。

今回は、声量を出せるようなってカラオケが上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

腹式呼吸で歌う

声量をアップさせる上でとても大事なのは、腹式呼吸です。

歌に腹式呼吸を取り入れて歌うことで、声量はアップし、歌に感情がこもりやすくなるので、聞いている人も魅了されます。

最初はやりにくいかも知れませんが、練習すれば確実に出来るようになりますので、腹式呼吸をマスターすれば、声量がだせるようになります。

複式呼吸は、横隔膜を下げ、お腹を膨らませて息を吸う呼吸法で、寝ている時は、自然と複式呼吸になっています。

息を吸う時は鼻から吸って(お腹は膨らむ)、息を吐くときは口から吐きます(お腹はへこむ)。

のどを痛めないで歌うためにも、複式呼吸を使うと良いです。

腹式呼吸の感覚

イスに腰掛け頭を下に下げて、上半身を折り曲げます。

肩や首の力を抜いて、手はダラ~ンと下に下げ、そのまま、ゆっくり息を吸ったり吐いたりしてみてください。

呼吸するたびに、胸よりお腹が膨らむのが分かると思いますが、これが腹式呼吸をした時のお腹の動きです。

「腹式で息を吸うとお腹が膨らみ、吐くと元に戻る。」この感覚を覚えて、腹式呼吸を練習します。

姿勢を正して歌う

猫背や悪い姿勢で歌っても、声は伸びず、声量は出ません。

歌を歌う時は、背筋を伸ばすだけでも声量に違いが出ますので、良い姿勢で歌う様にします。

ただし、体がリラックスした状態であることが条件になりますので、気をつましょう。

息を長く続かせる・息継ぎは少なくする

息が長く続けば、声量もアップします。

腹式呼吸を取り入れて歌うことで、息はかなり続く様になります。

また歌を歌う時は、息継ぎを少なくしましょう。

息継ぎをするタイミングは、声を出せません。

声を出せないと、当然、声量も落ちてしまいます。

歌の要所要所で息継ぎをして、出来るだけ歌の途中で息継ぎはしない様にしましょう。

声に強弱をつけて歌う

声量が出せるようになったからと、大きい声だけで歌っていても、声量の大きさは分かりにくく、歌は上手くきこえません。

声量の大きさを調整して、強弱をつける事によって、声量の大きさを強調するようにします。

小さくする所では小さく、サビや、盛り上がる所では大きく、強弱をつける事で声量が大きく聞こえます。

強弱をつけて、声量にメリハリをつけます。

腹筋のトレーニング

腹筋のトレーニングも行うと、よりパワフルな声を出せるようになっていきますし、大きな声や高音で歌っても余裕を感じさせる歌い方ができるようになります。

腹筋のストレッチ

腹筋をする前は 両手をしっかり上に伸ばす背伸びのストレッチで、体を柔らかくします。

息は止めず、自然に呼吸をしながら10秒程度その姿勢でいます。

その時伸ばしている上半身の筋肉に意識を集中させます。

そのまま左右に体を曲げたり、ひねったりして柔らかくしていきます。

腹筋のトレーニング1(上半身)

平らな床の上にあおむけに寝ます。

脚を少し曲げて、首の後ろに手を当てます。

おへそのあたりに意識を集中させながら、ゆっくりと起き上がります。

勢いよくやり過ぎると、首を痛めたりする場合があるので注意します。

腹筋のトレーニング2(下半身)

あおむけに寝そべった状態で、床から20cmほど脚を上げます。

その状態のままでひざを曲げたり、伸ばしたりします。

また、脚を伸ばしたまま長く静止するという方法もあります。

お腹で脚を支えるつもりで、しっかり力を入れると下腹部の腹筋が鍛えられます。

スポンサーリンク

まとめ

声量が出るようになると、カラオケでも、聞いている人を魅了できるようになります。

歌が上手になるためには、声量が出せるようになることが重要になります。

声量が出せるようになって、高音がスムーズに出る様になれば、鬼に金棒、カラオケ上手です。

誰もがうらやむカラオケ上手と言われるようになります。

高音が出せるようになる方法はこちらの記事を参考にしてください。

高音が出せるようになってカラオケが上手くなる方法