スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹式呼吸を発声にいかしてカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

腹式呼吸を発生にいかしてカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

歌が上手いだけでカラオケは楽しくなるし、異性にもモテやすくなります。

歌が上手くなったからといって、デメリットはほぼありません。

腹式呼吸が出来ても、発声にうまく結びつかない方も多いようです。

今回は、腹式呼吸を発生にいかしてカラオケで歌が上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

腹式呼吸とおなかの使い方

腹式呼吸は、息を吸うとお腹が膨らみます。

発生する時は、横っ腹の筋肉(腹横筋)にぐっと軽い力が入るのと同時に発生します。

力まず、腹横筋に自然に力が入ってしまうくらいが良いのですが、注意点があります。

発生時の腹横筋の状態は、固くなると同時に、体の外側に押し出る状態になりますが、息を吐きすぎないように気をつけます。

息を少なくすることで、芯のある声が出やすくなります。

まずは、ハミングだけで「ンーーー」と伸ばして発生してみたり、母音で「アーーー」とだけ発声してみたりして練習すると、良いと思います。

だんだん出来るようになったら、音階で「ドレミファソファミレド」を、「ア」などで発生して練習します。

音階慣れてきたら、楽に声が出せるキーの曲で、活かせるように練習します。

腹式呼吸はインナーマッスルのトレーニング

インナーマッスルを鍛えると、発声の向上に直結します。

インナーマッスルは、表面の筋肉ではなくインナー(深層)の筋肉ですので、インナーマッスルを鍛えることで腹内部のバランスがとれ、発声する時のお腹を支えてくれます。

またインナーマッスルを鍛えることで姿勢が整ったり、間接を正常に保ったりする効果がありますが、内臓脂肪もインナーマッスルを鍛えることで燃焼しますので、ダイエット効果があります。

腹式呼吸を使用することは、インナーマッスルを鍛えることになりますので、新陳代謝が上がってダイエット効果が得られることになります。

腹式呼吸を行うと、リラックス効果によって自律神経が調整され、精神的安定の効果も得られます。

インナーマッスルのトレーニング方法

    ① 腹式呼吸で息を吸う時は鼻から吸っていきます。

    ② お腹をしっかり凹ませるイメージを持ちながら吐き切るまでゆっくり吐いていきますが、歯と歯の間から息が通り抜けるように「スーーーー」と息の音を安定させながら、吐いていきます。

    ③ 吐き切って凹んだお腹の状態(お腹にかなり力が入った状態)を10秒ほどキープ(お腹と背中をくっつかせるようなイメージ)します。

    ④ お腹の力を一気に抜くと同時に、鼻から息を吸っていきます。

これを1日5分程度行います。

お腹の内側をしっかり意識することでよりトレーニング効果が得られます。

声の出しやすさが少しずつ変化していくのが感じられし、お腹周りがスッキリしてきます。

ブレストレーニングで肺活量アップ

歌は、息が安定していないと声も安定しませんので、呼吸は重要です。

腹式呼吸は「呼気(吐く息)」がとても重要で、吸気(吸う息)が多ければ呼気の量も増えます。

肺活量を鍛えれば、息と声が安定することになります。

トレーニングを行う前には、ストレッチを行ってください。

呼吸は肺や横隔膜を使いますので、上半身が硬いとインナーマッスルもスムーズに動いてくれません。

首回り、腕、肩、腰回りのストレッチを行ってからブレストレーニングを行います。

100%呼吸法でブレストレーニング

これ以上吐けないというほど息を吐いて、これ以上吸えないというほど息を吸う、肺の稼働域をしっかり使い息の入る範囲を広げていく方法です。

    ① 腹式呼吸でゆっくり息を吸います。

    ② 100%しっかり吸ったら5秒間止めます。

    ③ ゆっくり吐いていきます。

    ④ 100%しっかり吐ききったら①に戻り繰り返します。

    ⑤ ①~④を5回1セットで、3回程度行います。

ペットボトルを使ったブレストレーニング

ペットボトルは、2リットルがやりやすいようですが、容量が小さいペットボトルの方が難しくなってきます。

    ① 空のペットボトルを用意します。

    ② ペットボトルの飲み口を咥え、思いきり吸い込みペットボトルを凹ませます。

    ③ ペットボトルが凹んだら、今度は思いきり吐いてペットボトルを元の形まで膨らませます。

    ④ ①~③を1セットにして、10回程度繰り返します。

風船を使ったブレストレーニング

100円ショップ等で売っている風船を使いますが、大きいものから始めるとやりやすいようです。

    ① 風船を一息で膨らませます。

    ② 大きくなった風船の左右の直径を測ります。

    ③ ①~②を繰り返し、左右の直径の長さが長くなるようトレーニングしていきます。

これは風船の長さを測ることで、肺活量の増減が分かり、トレーニング効果を把握することができます。

スポンサーリンク

まとめ

腹式呼吸をただ使えば、いい発声ができることにはなりません。

インナーマッスルを鍛えたり、ブレストレーニングで肺活量をアップさせることで、複式呼吸を発声にいかすことができるようになります。

数日のトレーニングで飛躍的に効果が出てくるものではないので、継続してトレーニングしていきましょう。

少しずつの努力で、どんどん歌が楽に歌えるようになり、高い声も楽に出せるなります。

カラオケで、ますます楽しい時間を過ごせるようになって、人生を楽しみましょう。