スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボイトレ基礎(呼吸)編をマスターしてカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

ボイストレニーング基礎(呼吸)編をマスターしてカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで歌が上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが歌が上手く歌えると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

カラオケで「プロみたい」と言われるためには、ボイストレーニングが必要です。

今回は、ボイストレニーング基礎(呼吸)編をマスターしてカラオケで歌が上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

ボイストレーニング前のストレッチ

声を出す時も喉の筋肉などを使います。

スポーツをする時に準備運動をするように、ボイストレーニングをする前にストレッチをすることで、ボイストレーニングの効果が上がります。

ボイストレーニング前は、必ず首周りをほぐすストレッチを行うようにします。

首周りをほぐすストレッチに、あべこべ体操があります。

下の動画を参考にしてみてください。

腹式呼吸の感覚を掴む

寝転んだ姿勢では、自然に腹式呼吸になります。

まずは寝転んだ姿勢で腹式呼吸の感覚をつかみます。

  1. 仰向けで寝転がった状態で右手と左手をそれぞれヘソに置きます。
  2. ヘソに手を置いた状態で呼吸してみます。
  3. 自然にヘソの辺りが持ち上がります。

これが腹式呼吸です。

寝転んだ姿勢で腹式呼吸の感覚をつかめたら、椅子に座った状態で腹式呼吸の練習をします。

  1. 背筋を伸ばして、椅子に座った状態で右手と左手をそれぞれヘソに置きます。
  2. 準備ができたら体を前に倒します。
  3. 体を前に倒したら、お腹が膨らむように鼻から息を吸います。
  4. ※この時、胸の方が持ち上がってしまった場合は、胸式呼吸になっています。

  5. お腹が膨らんだのを確認したら、口からゆっくりと息を吐きながら体を起こします。
  6. ※この時に、お腹が凹んでいれば、正しい腹式呼吸ができています。

腹式呼吸の感覚をある程度掴めてきたら、腹式呼吸で発声してみます。

息の吐く力や息をコントロールするトレーニング

歌う時は、息の吐く力や息をコントロールする力が重要です。

息を吐く力が付けば声量アップに繋がります。

また息のコントロールができると常に一定の息の量で歌うことができます。

歌い始めは高音がでるのに、後半は息が少なくなってきて高音がでにくい経験がある方も多いと思いますが、最初から最後まで気持ちよく高音が出せるようになります。

息の吐く力をつけるトレーニング

呼吸は、腹式呼吸を使います。

  1. 人差し指を自分の口の前に立てます。
  2. この状態で、5秒間かけて息を吸い、人差し指をロウソクだと思って5秒間かけて吹き消します(5秒目に一気に消します)。
  3. 人差し指を立てたまま腕をできるだけ伸ばします。
  4. 同じように指をロウソクだと思って5秒間かけて息を吸い、5秒間かけて吹き消します(5秒目に一気に消します)。
  5. 5秒を10秒、20秒と時間を少しずつ伸ばしていきます。

息をコントロールするトレーニング

呼吸は、腹式呼吸を使いますが、口は尖らせません。

  1. 体をリラックスさせ、腹式呼吸で息を限界まで吸います。
  2. 吸った息を最初は弱く、そしてだんだん強く吐いていきます。
  3. 吸った息を最初は弱く、そして途中から強く、途中から弱くと、交互に吐く力を調節しながら息を吐いていきます。
  4. 0秒~30秒の間など、自分ができる時間でやってみます。

スポンサーリンク

まとめ

最近の曲は、高いキーの曲が多く歌えないと思っている方も多いと思います。

練習すれば練習するほど高音が出せるようになります。

呼吸方法をしっかりマスターし、息の吐く力や息をコントロールできるようになることは基本中の基本です。

大好きな歌を自信を持って歌えるように、少しずつトレーニングしていけば必ずできるようになります。

歌が上手くなる事は正しい発音で声が出せるようになりますので、普段の話す声も格段に良くなります。

カラオケで、ますます楽しい時間を過ごせるようになって、人生を楽しみましょう。