スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高音が出せるようになってカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

高音が出せるようになってカラオケが上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

歌を上手にするには、高音は非常に大事です。

高音が上手に出せないと、歌は上達しません。

スムーズに高音が幅広く出せる様になると、自然と歌唱力も上がってきます。

今回は、高音が出せるようになって、カラオケが上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

高音をスムーズに出す方法

頭に響かせるつもりで歌う

高音の声を出す時は、この頭に響かせるつもりで歌う事で、かなりスムーズに高音が出てきます。

頭の後ろから、頭に響かすイメージです。

これだけかなり高音が出せる様になります。

鼻づまりを無くす

高音の声は、鼻と口の空気を循環させて出しますので、鼻が詰まっていると空気が循環出来ず、高音が出せません。

カラオケなどに行く時には、鼻づまりは無くしておきましょう。

快適な睡眠をとるための鼻孔拡張テープ、ブリーズライトもオススメです。

リップロールをする

唇で、「ブルルルルルル」と、音を鳴らすリップロールをする事で、唇の筋肉がほぐれます。

唇の筋肉がほぐれると、口が開やすくなり、高音がしっかりと出ます。

歌を歌う前に、数十秒程、リップロールをしてから、歌う様にしてみて下さい。

日頃から高音を出す

小さい声でも構わないので、とにかく日頃から高音の声を出す事で高音が鍛えられます。

日常から常に練習する事で、高音は確実に出しやすくなります。

隙間時間を見つけたら、高音を出す練習をしてみましょう。

喉の調子を整える

喉の調子が悪いと、高音も出にくくなります。

カラオケなどでに行く前は、喉の状態に気を付けましょう。

マスクなどをして保湿をすれば、喉の状態は良くなりますが、飲み物は炭酸系ではなく、刺激の少ない物にしましょう。

普段の声を高くする

地声が高いと、高音が出しやすくなります。

地声を高くする為に、普段の声を高くします。

普段の声が高いと、自然と高音も出しやすくなりますので、少し意識して普段から高い声を心がけてみて下さい。

裏声を強化する

高音を出す際に裏声が重要になりますが、裏声が飛んでしまうと歌が下手に聞こえてしまいます。

裏声がひっくり返らない様に、裏声の強化をしておくのも大切になってきます。

空いた時間があれば、常に裏声を出すようにしておく事で、裏声は強化されます。

日々の積み重ねが、高音の声をスムーズに出す秘訣になってきます。

高音を出すための練習方法

遠吠え練習

オオカミの遠吠えをイメージして、「アオーーーーン」と声を出します。

裏声になってもOKで、大切なのは「臨場感」です。

オオカミは遠くの仲間に遠吠えで連絡しますが、声が遠くに届かせるようなイメージで行います。

これを何回かやった後は、一つの音でロングトーンの練習を、少し高めの音で行います。

いつもより高い位置で、簡単に声が響くのが実感できるようになるまで練習します。

ポルタメント練習

ポルタメントとは、ある音から別の音に移る際に、滑らかに徐々に音程を変えながら移る演奏技法です。

一つの音をロングトーンで声を出し、そのまま勢いよく高い方に、声を滑らかに出して行う練習です。

わかりにくいと思いますが、驚いた時に「エーーーーーー!」とだんだん音が上がっていく感じです。

この練習を行っていると、高い音が楽に出しやすくなります。

イエーイ!練習

盛り上がってテンションが上がっている時は、リラックスしているので意外に高い声が出ているものです。

これを意図的に、「イェーーーーーーイ」と声を出す練習です。

この練習でも高い声が出しやすいるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

カラオケ上手になるのは、どうしても高音がスムーズに出せる様にならなければなりません。

高音がラクに出せると、歌える曲のレパートリーが増えます。

聞いている方も聞き苦しくなく、カラオケを存分に楽しめるようになります。

カラオケ上手を目指して、高音が出せるようになりましょう。