スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高音を出すトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

高音を出すトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

歌を上手く歌うには、高音は非常に大事ですが、最近は高音の歌手が多く、カラオケ等でも原曲のキーで歌うのは大変です。

高音を楽に出せるようになるには、それなりにトレーニングが必要ですす。

スムーズに高音が幅広く出せる様になると、自然と歌唱力も上がってきます。

今回は、高音を出すトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

高音を出すトレーニング

正しい発声法を身につける

腹式呼吸や発声時のお腹の使い方などについては、あらかじめ身につけておきます。

こちらの記事を参考にしてください。

呼吸方法を身につけてもっとカラオケで歌が上手くなる方法

腹式呼吸のやり方をマスターしてカラオケで歌が上手くなる方法

腹式呼吸を発声にいかしてカラオケで歌が上手くなる方法

また低音から中音はしっかり出せるようにしておきます。

低音や中音がしっかり発声できないうちに、高音のトレーニングを始めると、喉を潰してしまう場合があります。

自分の出せる音域を知る

まず自分の出せる音域を調べます。

    ● 表声で発声できる最も低い音と最も高い音

    ● 裏声で発声できる最も低い音と最も高い音

キーボードの鍵盤やスマホのアプリなどで、実際に音を出しながら音階を確認します。

自分の出せる音域がわかったら、選曲に移ります。

トレーニング曲の選曲

カラオケ機械を使ってトレーニングする場合は、キー変更が簡単にできるので、どんな曲でも、トップキーを自分の最も高い音に合わせればOKです。

キー変更が簡単にできない場合は、高い声を出すためのトレーニング曲は、自分が発生できる最も高い音、または最も高い音から半音下くらいが、トップキーになるような曲を選びます。

表声を伸ばしたい場合は表声の、裏声を伸ばしたい場合は裏声のトップキーを基準に選曲します。

自分の最も高い音を出し続けることは、声帯周りの筋肉が鍛えられます。

声帯の伸縮がしやすくなるので、高音に対して声帯が慣れて、高音がでるようになっていきます。

トレーニング時の注意

高音を出す声帯周りの筋トレをしているようなものなので、毎日連続でトレーニングするなど、負担が大きくなるような無理な練習は避けて下さい。

無理なく行うよう心がけてください。

このトレーニングで個人差はありますが、3音ぐらいは高音が出るようになりますが、即効性はありません。

根気よく、長い期間かけてトレーニングすることが必要です。

喉声の解消方法

喉声とは、喉の力によって喉の空間(息の通り道)を狭くして発声することを喉声と言います。

歌っている本人はもちろん苦しいのですが、聞く方も、声が響かず、苦しそうに聞こえます。

特に高音を出す時に、喉声になる人が多くいらっしゃいます。

喉を開けるトレーニング

喉声を解消するためには、『喉を開ける』という動作が、意図的に行うことが出来るかどうかになります。

普段している状態でいうと、あくびをした時に最大限に喉が開かれ、ツバを飲み込んだりする時は一番喉が閉まっている状態です。

女性の方でも喉を触ると軟骨がありますので、触りながらあくびをしてみると、軟骨が下へ下がる動きが確認出来ます。

喉仏が上下に自在に動かせる動作が、喉を開いたり閉じたりしている動作です。

この動作を、本当にあくびをしなくても自分の意思で動かせるようにトレーニングします。

これが自在に動かせるようになると、喉声を解消することが出来ます。

出来る方にとっては、何てことのない動作なのですが、出来ない方は多いものです。

無理矢理にでもあくびが出来るようにトレーニングします。

喉が開けらるようになったら

喉が開けられるようになったら、低音から高音までまんべんなく発声します。

いくら喉を開こうと意識していても、高音になるにつれ少しずつ喉が閉まってくるのがわかります。

人間は高い声になると自然に喉が閉まるものですが、高音の時こそ、喉を開く意識をします。

母音で喉を開くトレーニング

「アイウエオ」の中でも特に、「イ」と「ウ」の時は、喉が閉まりやすくなります。

あくびで思いっきり息を吸って、なるべくその喉の開きのまま音程は気にせず、出しやすい音「アーーー」「イーーー」「ウーーー」「エーーー」「オーーー」を発声します。

体が慣れてきたら、これに音程を付けます。

キーボードの鍵盤やスマホのアプリなどを使って、最初は低音に合わせて発声し、段々と音程を高くして行き発声します。

すべての母音でトレーニングします。

このトレーニングまでやると、喉を開けて発声するということが、癖づいてきだします。

日常会話の発声にも活かしてみると良いようです。

スポンサーリンク

まとめ

安定した高音を発声させるためには、焦らず出来るまで時間を掛けてトレーニングする必要があります。

プロの歌手の方などは、サラッと歌いこなしているようでも長年のトレーニングで技術を身に付けています。

少しずつでも継続してトレーニングしていく事で、ラクに高音を発声することはできます。

カラオケで、ますます楽しい時間を過ごせるようになって、人生を楽しみましょう。