スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラオケで歌が上手い人と下手な人はどこが違う

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

カラオケで歌が上手い人と下手な人はどこが違う

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

同じ曲でも、同じ様な歌い方でも、上手い人と下手な人は分かります。

同じ人が同じ曲を歌っても、上手い時と下手な時がある時もあります。

この差はどこにあるのでしょうか?

今回は、カラオケで歌が上手い人と下手な人はどこが違うについて、紹介します。

スポンサーリンク

音程がしっかり取れているかどうか

一番大事なポイントは音程です。

歌が上手い人は、音程がしっかり取れています。

音程が取れていないと、音痴に聞こえてしまいます。

音痴には、「耳が悪い音痴」と、「発声が悪い音痴」の2種類あると言われています。

「耳が悪い音痴」は、耳が悪い為、音程が取れない場合です。

この音痴の場合は、自分が音痴という事が分かりません。

自分では至って普通のつもりなんですが、他人に良く音痴と言われ場合は、このタイプになります。

「発声が悪い音痴」は、耳で音程は聞き取れるんですが、上手く発声出来ない場合です。

自分が音痴だと分かっている方は、このタイプになります。

音痴だから、カラオケはイヤな方も、音程をしっかり取れてカラオケが上手くなる方法はあります。
音程をしっかり取ってカラオケで歌が上手くなる方法
本格的に音痴を直してカラオケで歌が上手くなる方法

高い声が出せるかどうか

高い声が出ていなくても、歌が上手い方はいらっしゃいます。

声が出せる範囲の歌を選曲すれば良いのですが、それだと歌える曲が限られてきます。

サビのここぞの部分で高い声が出ていると、上手く聞こえ、途中は普通でも歌の上手い人に思われます。

歌を上手く聞かせるには、高い声が出せるかが重要になってきます。

声の低い男性は、高い声がでると余計に上手く聞こえますし、女性にアプローチしたい方にとっては特に重要です。

高音が出ないから、カラオケはイヤな方も、高音が出せるようになって、カラオケが上手くなる方法はあります。
高音が出せるようになってカラオケで歌が上手くなる方法

声量があるかどうか

音程がしっかり取れて、高い声が出ても、声が小さいと意味がありません。

声の大きさも、歌が上手いか下手かの重要なポイントになります。

多少音程が外れていても、声量があるだけでカバーできる事があります。

プロの歌手とアマチュアの違いは、なんといっても声量があるかないかになります。

普段の会話でも、人に訴える時には、大きな声ではなしをして感情を揺さぶります。

歌においても聞く人の感情を揺さぶるためには、声量が必要です。

声量がないから、カラオケはイヤな方も、声量を上げて、カラオケが上手くなる方法はあります。
声量を出せるようになってカラオケで歌が上手くなる方法

テクニックがあるかどうか

少しでも歌を上手く聞かせるためには、テクニックが必要になります。

テクニックで、音程のずれや、高音がでない、声量がない部分をある程度カバーすることもできます。

いろいろなテクニックがありますが、ちょっとしたコツをつかむことで、歌が上手く聞こえるようになります。

カラオケはイヤな方も、テクニックをマスターしてカラオケが上手くなる方法はあります。
ちょっとしたテクニックを使ってカラオケで歌が上手くなる方法

感情をこめられるかどうか

歌には、楽しい歌、悲しい歌色々あり、歌詞の内容を理解して感情をこめて歌える方は、上手く聞こえます。

時には、とても思い出のある歌を感情をこめて歌うのを聞いて、涙することもあるでしょう。

プロの歌手は、音程、高音、声量、テクニックに感情をこめて歌いあげますので人の感情を揺さぶり感動を与えてくれます。

アマチュアの私たちが歌う場合は、感情をこめられるかどうかは、それほど気にする必要はないと思います。

それよりも好きな歌を気持ち良く、リラックスして歌う事の方が重要です。

スポンサーリンク

まとめ

カラオケが好きな方は歌が上手い、嫌いな方は歌が下手となる傾向があります。

時には、「下手な歌を聴いていられないからカラオケは嫌い」という歌の上手い方もいらっしゃいますし、「歌の上手い方の歌を聴きたいから、飲み会などではカラオケに一緒に行く」という方もいらっしゃいます。

歌が上手い事に越したことはありませんが、プロの歌手並みに歌える必要もありません。

人前で歌うことに抵抗がなくなる程度になると、カラオケに行く事が苦痛でなくなり、楽しい時間を過ごせるようになります。