スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

男の臭い 加齢臭を消して爽やかに過ごす方法

男の臭いを抑える方法
スポンサーリンク

男の臭い 加齢臭を消して爽やかに過ごす方法

男性の体の臭いは、さまざまな箇所から発生していますが、発生する体の部位によって、臭いの種類は違い、年代によっても臭いの種類は変化していき、発生する体の部位もが変化していくそうです。

体から分泌される汗と皮脂、それと皮膚上の常在細菌が主な臭いのもとになるそうです。

体から発生する臭いには、大きく「汗臭(ワキ臭)」「ミドル脂臭」「加齢臭」の3種類あります。

3種類の臭いは、年代によって強さのピークが違い、臭いの原因や発生部位が異なります。

臭いの種類ごとに効果的な対策をとることが必要になります。

残念ながら、自分臭いが自分自身ではわかりづらく、気にする方も少ないようです。

今回は、男の臭い 加齢臭を消して爽やかに過ごす方法について紹介します。

加齢臭の発生メカニズム

加齢によって皮脂中の脂肪酸(パルミトレイン酸)が増加する40歳以降に少しずつ出始め、50歳以降に本格化していきます。

  1. 皮脂腺から皮脂が分泌されます。年齢を重ねるごとに、皮脂に含まれる脂肪酸(パルミトレイン酸)が増加します。
  2. 空気中の酸素により皮脂が酸化されます。
  3. パルミトレイン酸も酸化され、2-ノネナールという成分に変化しますが、これが「加齢臭」のニオイの成分です。

加齢臭の特徴

50代半ば以降から本格化

皮脂成分が酸化されること発生する「加齢臭」は、40代以降に少しずつ出始め、50代半ば以降から本格的に発生します。

また「加齢臭」は、皮脂に蓄積しやすい特性があるようです。

枯草のような臭いが特徴

胸や背中などの体幹部を中心に発生し、枯草のような臭いが特徴です。

「加齢臭」は、耳の後ろから臭うともいわれていますが、部位は胸の中央や背中などの体幹部です。

「加齢臭」の原因となる2-ノネナールは、全身から発生するのですが、臭いとして感知するほど多く発生しているのは、胸の中央や背中などの体幹部のようです。

加齢臭の対策法

「加齢臭」が特に臭う場所は、胸の中央や背中などの体幹部ですので、毎日消臭効果の高いボディシャンプーで体を洗って清潔に保つことだと言われています。

また、体幹部をこまめにボディペーパーなどでふき取ることも良いようです。

  • 消臭成分の配合された防臭効果のある洗浄剤を選ぶ
  • こまめにボディペーパーで皮脂を拭き取る
  • 背中の洗い残しに注意
  • 洗濯できないジャケットなどにニオイが蓄積しないよう衣類用消臭スプレーを使用

体幹部の皮脂が酸化する前後のこまめな対処

「加齢臭」は、常在細菌の代謝によってではなく、皮脂成分が酸化されることで発生します。

消臭成分の配合された防臭効果のあるボディシャンプーを使ったり、ボディペーパーで皮脂をこまめに拭き取ったりします。

入浴時には、背中の洗い残しがないように注意することも、ポイントのようです。

洗濯する回数の少ない冬用の衣類などは、ニオイが蓄積しやすくなりますので、衣類用の消臭スプレーを使用すると良いようです。

スポンサーリンク

まとめ

お風呂の後、それほど時間が経過していないのに「加齢臭」が臭う場合は、しっかり洗浄できていないためかもしれません。

50代以降に発生する「加齢臭」は、皮脂に蓄積しやすい特性があります。

洗浄力の高い洗浄剤で、臭いの発生部位の胸元や背中を、しっかり洗浄する事が大切なようです。

周りに不快を与えないよう正しい対処方法を知って、毎日実践して、爽やかな毎日を過ごしましょう。