スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音程を取るトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケで歌が上手くなる方法
スポンサーリンク

音程を取るトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法

カラオケは好きですか?

カラオケで上手く歌える人は、実にうらやましいものです。

カラオケが上手くなると、飲み会なども、もっと楽しくなる事でしょう。

音程がとれない場合は、人それぞれ色んな原因が重なって起こる場合も多くあり、多種多様で、大まか音程がズレていることを認識できる人と認識できない人がいらっしゃいます。

大きく分けて、まったく音程がとれず1曲通して歌ってもほとんどの音が外れてしまう場合と、基本的に音程はとれるが、一部音程を外してしまう場合の2パターンあるようです。

今回は、音程を取るトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法について、紹介します。

スポンサーリンク

まったく音程がとれず、1曲通してほとんどの音が外れてしまう

音のズレを把握していない、音のズレを認識できないパターンです。

この場合は、幼少期に音楽にあまり触れる機会が少なかった方が、多いようです。

まずは、音に触れる機会とたくさん作ることです。

歌が苦手という人ほど音楽から遠のいた生活を送っている方が多く見受けられますので、まずはこの習慣を取り入れることが大切です。

音に触れる機会を増やすことで音に慣れ、音を聴く力も付いて行きます。

音に触れる機会とは、普段から音楽を聞いて、カラオケに行ったり、ライブを見に行ったりすることが必要です。

そして「音をしっかり聴く」、「声をしっかり出す」、「自分で音を確認する」事が必要です。

音をしっかり聴く

幼少期に音に触れると、音感が付きやすいと言われていますが、大人になってからは、音に触れる時間をより多く取る必要があります。

最初は好きな音楽を聴く時間をたくさん作ることから、始めてます。

声をしっかり出す

最初は外れてもいいので、聴いた音をしっかり声に出してみます。

外れてしまうかもしれないという不安から声が出せなくなったり、音がズレてしまうという気持ちの問題の場合もありますので、声はしっかり出すよう心がけます。

カラオケなどでは採点機能のあるものがあります。

採点機能を使うと、ある程度音程を表示してくれるので練習しやすくなります。

自分で音を確認する

どうしても音がとれない場合は、簡単なメロディーを、スマホのキーボードアプリなどを使って、音を探してみると効果的です。

時間を掛けて、自分で歌を耳で聴いて、音を探してみる事です。

楽器を弾くというより、音探しゲームくらいの感覚で始めてみます。

音程を取るトレーニング方法

ギターやベース等の弦楽器のチューニングをするための「チューナー」を使用する方法で、音程を取る事ができるようになります。

「チューナー」は、音を出すと機械が反応し、「その音が合っているかどうか」、「どれだけズレているか」を、メーターで表示してくれる機械です。

「チューナー」に向かって発声することで、音のズレを視覚的に確認できます。

※今はボーカルトレーニング用のチューナーもあり、スマートフォンアプリでもありますので、手軽に練習できます。

基本的に音程はとれるが、一部音を外してしまう

この場合は、音程のズレを認識できていない場合と、音程のズレを認識できているパターンに分かれます。

【音程のズレを認識できていないパターン】

基本的な音はとれるので、音のズレは認識できそうですが、認識できていない方もいらっしゃいます。

原因は、元々のメロディーを把握されていないことが多いようです。

この場合は、元々のメロディーを細かいところまで確認して音を認識すれば、改善できることが多くあります。

分かりづらいメロディーは、何度も聴き返して把握するようにすることで改善できます。

【音程のズレを認識できているパターン】

音のズレを認識しているのに音を外してしまう場合です。

この場合は、発声が上手く出来ていない場合に起こることが多いようです。

音は解っているのですが一部分だけ歌いづらいと、部分的に発声が不安定になってしまうため、結局、音が外れてしまう事になっているようです。

ズレてしまう部分を、発声できるようになれば改善されます。

例えば、高音がズレるのなら、その音程の高さの、その部分の歌詞の言葉の発声練習を行うことで改善できます。

この場合、母音や子音の発声練習を行って、歌とつなげるボイストレーニングを行うと良いのですが、ボイスレコーダ-等を使って自分の声を聴くことでも、改善できる良い方法です。

スポンサーリンク

まとめ

音程を取れるようになるためには、焦らず時間をかける事が必要です。

音痴だからと諦めないで、大好きな歌が歌えるように少しずつトレーニングしていけば必ず改善できます。

カラオケで、ますます楽しい時間を過ごせるようになって、人生を楽しみましょう。